無菌室での注意点

白血病

白血病診断は突然やってきて、いきなり無菌室に入り
何に注意すれば良いかわからない状態がほとんどです。
無菌室生活で心がけたり注意する事を記載します。

手洗いうがい歯磨きをマメにする(清潔に保つ)

白血病治療では抗がん剤の副作用により、
白血球がほぼゼロ状態まで落ちる為無菌室に入りますが、
菌を完全にはなくせません。
その為雑菌に感染しやすくなり、合併症を引き起こす可能性が高くなるので、
手洗いうがい歯磨きをマメに行い、感染リスクを減らしましょう。
トイレの後、食事前後のうがい歯磨きはオススメです。

歯磨きする際には歯茎に触れると出血し
止血に時間がかかったり、感染する可能性があるので
やわらかめの歯ブラシやさしく磨く事推奨されています。

私は気をつけていても出血してしまって
止血に時間がかかる事が数回ありました。
また口内炎が非常にできやすくなるので、
予防も含めうがいもこまめにしましょう!

虫歯や親不知がある場合、感染リスクが高まるため
場合によって1クールの間に抜く事もあります。

無菌室では常時マスクを

医療スタッフ、機材搬入、掃除、見舞人と人の出入りがあります。
特に外から来る人には雑菌が多くついている為、感染リスクが上がります。
面倒でかもしれませんが、常時マスク着用を推奨します。
私はシャワーを浴びる時以外常時マスクをしていました。(寝る時も)
その効果は4クール目で効果を表し、
熱も感染もまったくない状態で退院まで辿り着けました。

邪魔で苦しいですけど、オススメです。

ぶつけたり切れるモノを避ける

抗がん剤は血小板も減少するので血が止まりづらくなり、
出血した場所からの感染リスクが高まります。
強くぶつけた場合アザができてなかなか治らなかったり、
頭を打ってしまった場合、最悪脳出血で死に繋がる可能性もあります。
私は一度脱衣所で誤って棚に頭を打ってしまい
ゾクッとする思いをしました(出血はしませんでした)

特に危ないと思ったのは持ち込みの缶詰類で、
蓋が非常に危険なので持ち込む場合は切らないように注意して下さい。

家族や看護師に協力してもらい開けてもらうのが一番安全です。

除菌シートで身の回りを清潔に

マメに拭いて清潔な無菌室生活にしましょう。
掃除しないと雑菌が繁殖して感染リスクに繋がります。

当たり前の事ばかりで面倒ですが、
少しでもリスクを減らす自分の為と思って習慣化しましょう!

さいごに

白血病治療は合併症が起きやすいとてもつらい治療です。
少しでも感染のリスクが減らせるよう、
出来ることを心がけて無菌室を無事卒業しましょう!
あなたの元気な姿を待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました