ゼンタコート×ベサノイド相乗効果でクローン病症状一時改善

クローン病

こんにちは。
現在私は「ゼンタコート」と「ベサノイド」という薬を一時的に併用しています。

ゼンタコート

16年11月29日に新発売されたクローン病の治療薬(ステロイド剤)
体調が悪い時に飲み始め、良い状態に持っていくのが目的の薬。
副作用は少ないが長期使用は不可能

ベサノイド

急性前骨髄性白血病に使用される治療薬(抗がん剤)
レチノイン酸というビタミンAの誘導体
3ヶ月に2週間(一日8カプセル)続けて飲み約3年程継続する。


この2つの薬を併用してからクローン病の症状がほぼ出なくなり、
下痢、
腹痛、下血、体のだるさ何も感じない状態になりました。

白血病の中でも急性前骨髄性白血病(M3)と
呼ばれる型のみ適用されるベサノイド

この薬の「レチノイド」と呼ばれる成分が
自己免疫疾患に効果があると言われており、

ゼンタコートとの相乗効果で
体調が優れる効果が得られていると考えます。

どちらも使用期間が決められているので、
長期的な使用はできませんが

新薬が出る時の何か判断材料にならないのかと思っています。
クローン病のみ発症だと「ベサノイド」は使用不可なので、
レア情報で参考になりませんが、
飲み薬だけで症状が良くなるパターンがあったので、
将来的には飲み薬でクローン病症状がなくなるような事も
実現するのではないかと考えます。

その前に原因を突き止めて治れば良いですが!

クローン病+白血病持ちで
ゼンタコートとベサノイド併用してブログ書いた人私が初じゃないでしょうか?


2つ薬を併用できる確率が気になって調べてみました。

急性前骨髄性白血病(M3)
「白血病全体の罹患率は人口10万人あたり男性 5.9人、女性 3.8人と報告されています。
そのうちの約40%が急性骨髄性白血病で、さらにそのうちの5-10%が急性前骨髄球性白血病と言われています。」

(がんプロ.comより引用)

10万人いて白血病は5.9人そのうちの5~10%がM3
この時点でかなり確率低いですけど、
更にクローン病人口10万人あたり27人程度(2014年くらい)
低すぎる確率を引いてしまう強運です。

クローン病+白血病(M3)の人日本に何人いるの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました