cubaseでMP3書き出しをすると短くなる謎の現象

cubaseでMP3書き出しをするとオーディオファイルが少し短くなる現象が発生しました。

本来端まで出力されるはずが、
MP3書き出しをすると少しだけ足りなくなります。

少し前までは同じ手順でもこんな事は起こらなかったんですが、
急に発生しました。

発生したときのプロジェクト設定


このプロジェクト設定で出力を行うと
MP3が短い現象が起きました。

対処法

※先に言います!根本的な解決法はわかりません!

ですが、短くならない出力方法がありました。

①サンプリングレートを44.100kHzから
48.000kHzへ変更して書き出しする


この設定で書き出すと本来の長さで出力されました。
でも48000kHzは映像業界標準のサンプリングレートなので
どうなのでしょう・・・?
(詳しくないのでわかりません)

②wav形式で書き出しする

wave形式だと途切れないで出力されます。

③Mp3DirectCutというソフトを使う


MP3を読み込むとそのままカットして保存できます。


少し長めにオーディオを書き出して、
カットしたあと
ループ処理がうまくいくか再生して
違和感ができるだけ最小限になるように調整します。
そうすればなんとなくループができるように・・・。

cubaseとかMP3コンバーターの不具合?

つい先週までこんな現象が起きていなかったのですが、
気がついたら起きていました。

同じ現象が起きている方もいらっしゃいましたが、
プロジェクトファイルを
他の環境で書き出したら
この現象が起きなかった方もいらっしゃるので、
バグなのでしょうか。

根本的解決法が見つからなかったので、
見つけ次第追記します。

追記

この現象の後何度か書き出しをしていたらいつの間にか治っていました。

結局原因がわからなかった上勝手に治るハメに・・・・。謎な現象です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)